林芳正外相は18日の記者会見で、文化審議会が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の推薦候補に選んだ「佐渡島の金山」(新潟)に関し、政府として推薦するかどうかの明言を避けた。「遺産登録を実現する上で何が最も効果的かとの観点から、政府内で総合的に検討している」と述べるにとどめた。

 韓国が歴史問題を背景に、選定撤回を求めている実情を踏まえた反応とみられる。林氏は「韓国の立場は承知している」と語った。日本の考え方を韓国に伝えていることも明らかにした。