共同通信社が22、23両日実施した全国電話世論調査によると、岸田内閣の支持率は55.9%で、昨年12月の前回調査に比べ4.1ポイント下落した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受けて、会食や旅行などを「自粛しようと思う」との回答は89.7%。オミクロン株に感染するかもしれないと「不安を感じている」との回答は76.5%。政府のコロナ対応を「評価する」は54.4%で、前回と比べ6.5ポイント下がった。

 「まん延防止等重点措置」について、適用タイミングは「遅過ぎた」との回答は50.2%だった。

 回答は固定電話534人、携帯電話525人。