米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が主要争点となった沖縄県名護市長選は23日投開票の結果、移設推進の岸田政権が支援し、自民、公明が推薦する現職渡具知武豊氏(60)の再選が確実となった。