自民党の茂木敏充幹事長は18日、党本部で開いた若い世代の女性との意見交換会で、党が擁立する夏の参院選比例代表候補について「3割は女性にしたい。多様性は極めて重要だ」と述べた。比例の公認は最終的に33人程度で、女性は約10人になるとの見通しを示した。ただ、選挙区では衆院も含め「現職が辞めないので、なかなか議席が空かない」と説明した。