細田衆院議長は26日、女性記者へのセクハラ疑惑を再び週刊文春が報じたことを受け「強く抗議する。通常国会閉会後、弁護団と協議し、訴訟も視野に入れ検討したい」とするコメントを発表した。一連の報道には「既に事実無根として抗議したが、また同趣旨の記事が掲載されている」と指摘した。

 週刊文春は、細田氏が昨年1月、女性記者に「うちに来てね」などと発言したと報道。野党は「議長の見識を疑う」(立憲民主党中堅)など問題視しており、進退を問う声も上がっている。

 細田氏は衆院小選挙区定数の「10増10減」について「地方いじめだ」などと否定的な発言を重ね、批判を浴びている。