【エルマウ共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)は27日午後(日本時間27日午後から28日未明)、ドイツ南部エルマウで開いた2日目の討議で、ロシアのウクライナ侵攻の影響により食料危機に直面している国に対し、連携して必要な支援を行う方針で合意した。岸田文雄首相はG7の制裁が世界的な食料不足の原因だとするロシアのプーチン大統領の主張に反発。「全くの偽りだ」と批判した。サミットは28日、多国間主義やデジタルなどの討議を終えて閉幕する。

 ウクライナは小麦の輸出大国。黒海封鎖でウクライナからの輸出が停滞し、供給不安が世界的な問題になっている。