立憲民主党の泉健太代表と国民民主党の榛葉賀津也幹事長、連合の芳野友子会長が29日、三重県伊勢市で街頭演説し、両党が推薦する参院選三重選挙区の無所属候補への支持を求めた。両党と、支援団体の連合の幹部によるそろい踏みは公示後初。今回の参院選で共闘が限定的となった両党が連携を演出した形だ。

 最初に演説した榛葉氏は「三重県で野党の議席を死守しなければならない」と訴えた。続いて泉氏は「与党の議席がこれ以上増えても、国会は何も変わらない」と強調。芳野氏は「健全な民主主義の下、野党がものを言わなければならない。立民、国民両党には頑張ってほしい」と述べた。