第2次岸田改造内閣が12日午前、本格始動した。岸田文雄首相は会合で「物価・賃金・生活総合対策本部」を15日に開くと表明し、物価高に関する追加対策策定を指示する方針を示した。新型コロナウイルスの感染拡大防止や、ウクライナ情勢などを踏まえた防衛力強化にも全力を挙げる構えだ。副大臣・政務官人事の調整を進め、午後の臨時閣議で決定した。

 首相は物価動向を巡る会合で「物価上昇のほとんどを占めるエネルギーと食料品に集中して切れ目なく追加策を講じていくよう指示する」と説明した。これに先立ち国家安全保障会議(NSC)4大臣会合にも出席した。