衆院の山口俊一議院運営委員長(自民党)は28日、18歳の女子学生に飲酒させたと週刊誌に報じられ、自民を離党した吉川赳衆院議員(比例東海)から立法事務費の交付申請と新会派結成の届けがあったと記者団に明らかにした。これに先立つ議運委理事会で認めるかどうかを議論したが結論は出ず、引き続き協議することになった。

 立法事務費は議運委で認定を受けた会派に1人当たり月額65万円が支給される。吉川氏は6月に自民を離党した際、自民会派を退会した。