細田博之衆院議長は29日、自身と旧統一教会側に接点があったとする文書を公表した。会合への出席や、選挙で支持を伝えられたことなどを認めた。