日本維新の会は29日の役員会で、立憲民主党との共闘合意に、地元の政治団体・大阪維新の会の大阪府議団から事前に説明がなかったなどとして反対論が出ていることを受け、党全体で情報共有を密に図っていくことを確認した。来年春の統一地方選を見据え、党の母体である大阪維新との対立を回避した形。

 日本維新の会の藤田文武幹事長によると、役員会では、馬場伸幸代表から合意に至った経緯や狙いを説明し、出席した大阪府議団のメンバーも納得したという。

 日本維新の会共同代表と大阪維新の会代表を兼務する吉村洋文大阪府知事は「情報共有を迅速に行うことが重要だ」と記者団に述べた。