公明党は30日、知人女性へのセクハラ疑惑を週刊誌に報じられた熊野正士参院議員(57)=比例代表=が同日に党幹部を通じて尾辻秀久参院議長へ辞職願を提出し、辞職が許可されたと発表した。10月3日の臨時国会召集前に事態の収拾を図ったとみられる。

 党の説明によると、石井啓一幹事長ら幹部が29日夜、熊野氏の家族から辞職願を預かった。

 セクハラ疑惑は週刊新潮と週刊文春が今月6日、ニュースサイトで報じた。公明は7日、内容が事実なら熊野氏に議員辞職を求めるとのコメントを公表。熊野氏は入院し、面会謝絶状態だと説明してきた。