細田博之衆院議長は30日、山口俊一衆院議院運営委員長らと議長公邸で会い、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との関係を巡り、追加で説明に応じる意向を示した。山口氏が記者団に明らかにした。立憲民主党の泉健太代表は記者会見で、接点を文書で29日に公表した細田氏の対応に関し「一方的な説明に終始している。不十分だ」と批判した。

 山口氏は、自民党が実施した旧統一教会と所属国会議員の接点調査で使った報告書を細田氏に提出。自民の報告書にのっとった形で10日以内に説明するよう求めた。細田氏は了承したという。