新党さきがけ代表や蔵相を務め、非自民8党派による細川連立政権のキーマンだった武村正義(たけむら・まさよし)さんが9月28日死去した。88歳。滋賀県出身。葬儀は親族のみで行った。関係者が1日、明らかにした。

 細川連立政権のほか、自民、社会、さきがけ3党連立政権でも活躍。小政党を率いながら政権中枢を担い続け「バルカン政治家」と呼ばれた。

 東大卒業後、自治省に入省。滋賀県知事を経て1986年に自民党から衆院初当選した。政治改革を掲げて93年6月に離党し、さきがけを結党。その後発足の細川内閣で官房長官に就任し、衆院小選挙区比例代表並立制導入へ役割を果たす。