岸田文雄首相は6日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたのを受け、国民への的確な情報提供と、船舶や航空機の安全確認、不測の事態への態勢確保の3点を関係省庁に指示した。