立憲民主党の泉健太代表が30日の代表就任1年を前に、共同通信社のインタビューに応じた。衆院選目標として次回、与野党伯仲の構図に持ち込んだ上で「次々回の選挙で政権交代を目指す」と表明。日本維新の会との共闘について「自民党の1強体制下で有効な戦い方だ」と述べ、こうした国会戦術を来年の通常国会でも継続したい意向を示した。

 政府による12月の「国家安全保障戦略」など関連3文書の改定を見据え、反撃能力(敵基地攻撃能力)保有の是非を巡る見解を盛り込んだ党安保政策を年内に打ち出す考えも明らかにした。