浜田靖一防衛相は参院予算委で、政府が検討する反撃能力の保有に関し「あくまで抑止力を高め、ミサイルなどによる攻撃の可能性を一層低下させるために何が必要かという観点で検討している」と述べた。