浜田防衛相は参院予算委で反撃能力を巡り「憲法9条との関係において、相手国の壊滅的破壊のためにのみ用いられる攻撃兵器の保有は、自衛のための必要最小限度の範囲を超える」と述べた。