自民、公明両党の税制調査会は6日の会合で、マンションの長寿命化のため大規模修繕を行った場合に、固定資産税を軽減する特例を2023年度税制改正で創設する方針を固めた。