政府が今月に策定する「防衛力整備計画」の概要が判明した。反撃能力(敵基地攻撃能力)の装備品として、国産の長射程ミサイル開発などを推進。関連で5兆円規模を想定している。関係者が6日、明らかにした。