与野党は7日の衆院議院運営委員会理事会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済法案に関し、8日の衆院本会議で採決する日程で合意した。同法案は可決され衆院を通過し、参院に送付。今国会で成立する見通しだ。衆院消費者問題特別委員会理事会でも、岸田文雄首相らへの質疑を8日に行うことを確認した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は7日、「残された会期で、参院で与野党が合意して日程を決めてほしい」と記者団に述べ、10日までの会期内で成立させる意向を示した。

 7日の特別委は参考人質疑を実施した。