岸田文雄首相は22日、日経平均株価の史上最高値更新に関し「賃上げや投資促進、科学技術イノベーションに力を入れてきた。日本経済が動き出している。国内外のマーケット関係者が評価してくれていることは心強く思う」と強調した。官邸で記者団の質問に答えた。「デフレ脱却に向けて官民の取り組みを加速させたい」とも述べた。

 株高に国民の生活実感が伴っていないとの指摘については「今は世界的なエネルギー危機を背景とする輸入物価高の中にある」と説明。物価高対策や所得減税、NISAを挙げ「こうした取り組みが進むことによって手取りが増え、実感につながっていく。政策をしっかり進めていく」と語った。