任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)が16日に投票、即日開票される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が主要争点で、移設阻止を掲げる玉城デニー知事の支持派と、自民、公明両党などの不支持派が過半数を争う。選挙結果は玉城氏の県政運営を左右し、2年後の知事選に影響する可能性がある。

 全13選挙区に75人が立候補した。無投票となった石垣市(定数2)を除く12選挙区で、73人が46議席を争っている。

 改選前の勢力は支持派と不支持派が24議席ずつで同数。不支持派の議長は採決に加わらないため支持派が主導権を握り、移設阻止に向けた法廷闘争など玉城氏の取り組みを支えてきた。