立憲民主党の泉健太代表は16日、岸田文雄首相(自民党総裁)との19日の党首討論で衆院解散を求める考えを重ねて示した。「首相は全くもって信任に値しないというのが国論だ。解散まで先送りしようとしていることを問い、政治決断を迫る」と横浜市で記者団に語った。

 これに先立つ街頭演説では、自民派閥の裏金事件を受けた首相の対応を「赤点」、自民の政治資金規正法改正案は「落第点」と批判。その上で「間違いなく追試を受けてもらわないといけない。総選挙という大きな試験を受けてもらわないと。首相を勝手に進級させるわけにいかない」と強調した。