東京都知事選(20日告示、7月7日投開票)の構図がほぼ固まり、初の日曜日となった16日、3選を目指す小池百合子知事は公務で都内の訓練に参加した。出馬予定の蓮舫参院議員=立憲民主党に離党届提出=は都内で街頭演説し、小池氏と同じ18日に公約発表すると明らかにした。

 小池氏は狛江市で行われた総合水防訓練に来賓として出席。参加者らを前に「首都直下地震、新たな感染症の流行や弾道ミサイル攻撃などを想定することも、今の時代に必要。都民の安全、安心を全力で確保していく」と述べた。

 蓮舫氏は、立民の枝野幸男前代表と共に町田市で街頭演説した。公約に関し「(小池都政を)リセットするところはリセットするが、継続するべきものは継続する。皆さんの声を聞いて、一緒につくっていきたい」と述べた。

 一方、立候補を表明していた元衆院議員の小林興起氏(80)は16日、都内で記者会見し、出馬を取りやめる意向を明らかにした。出馬の意向を示している元航空幕僚長の田母神俊雄氏(75)が小林氏に辞退と支援に回るよう依頼し、小林氏が受け入れたという。