自民党の石破茂元幹事長は18日夜のBSフジ番組で、派閥裏金事件を受けた政治資金規正法改正を巡り「将来に禍根を残すような改革だけはやってはいけない」と言及した麻生太郎副総裁の対応に疑問を呈した。「副総裁は岸田文雄首相を支えるナンバー2だ。なぜこういう発言をしたのか、党内に説明したほうがいい」と述べた。

 麻生氏は法改正に関する公明党の要求を「丸のみ」した首相に不満を持っているとされる。石破氏は「激怒し、口もきかないといった状況が国民のシンパシーを得られるとは思わない」とも指摘した。