立憲民主党の泉健太代表は21日の記者会見で、9月に任期を迎える代表続投に重ねて意欲をにじませた。続投の考えは排除しないかとの問いに「そうですね」と答えた。自民党派閥裏金事件を追い風に通常国会で岸田文雄首相を衆院解散に追い込む戦略は空振りに終わったものの、次期衆院選を見据え裏金問題の追及を継続する構えだ。ただ党内には、実績のある野田佳彦元首相や枝野幸男前代表ら重鎮の再登板を推す声も上がる。

 会見で泉氏は「政権交代への準備を急ぎ、いつでも戦える状況をつくる」と語った。候補者擁立を加速し、政策作りに注力する考えも強調した。