日本維新の会は21日、事実上の国会閉幕を受けた恒例の岸田文雄首相によるあいさつ回りを拒否した。調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)改革の合意をほごにされたと主張しており「笑顔であいさつを交わすことは良くない」(幹部)との判断が働いた。首相は訪問しなかった。

 維新の馬場伸幸代表は記者会見で「首相や閣僚は非常に多忙だ。儀礼的なことを行う暇があれば、本来の仕事を片付けるべきだ」と述べ、今後もあいさつのための訪問は断る考えを示した。

 遠藤敬国対委員長は山口俊一衆院議院運営委員長(自民党)と面会し、旧文通費改革の議論を国会閉幕後も続けるよう要請した。