自民党茂木派の東国幹衆院議員(北海道6区)は22日、北海道旭川市での党会合であいさつし、9月の党総裁選で再選を目指す岸田文雄首相に立候補しないよう求めた。派閥裏金事件への政権の対応に批判が集まっていることを念頭に「この半年、1年を顧みればゆめゆめ再選などと軽々しく口にせず、思いとどまってほしい」と述べた。党内では地方組織に続き、国会議員からも公然と首相の退陣論が出始め、苦境が鮮明になった形だ。

 東氏は当選1回の若手。総裁選に関し「自民はまだまだ人材が豊富だ。国民の信頼回復のため、新しい門出が求められる」と強調した。首相に対し「むしろ新しい扉を開く橋渡し役を担ってほしい」と促した。