林芳正官房長官は24日の記者会見で、菅義偉前首相が事実上、岸田文雄首相に退陣を要求した発言を受け、政府として引き続き政策推進に努める考えを強調した。「国民の政治に対する不信の声を真摯に受け止め、先送りできない課題に専念し、結果を出していきたい」と述べた。

 課題として能登半島地震の復旧・復興、成長型の新しいステージに向けた経済の再生、複雑さを増す国際環境での外交を挙げた。菅氏の発言に関しては「個々の発言についてコメントすることは控えたい」と述べるにとどめた。