河野太郎デジタル相は25日の記者会見で、マイナンバーカードに健康保険証の機能を持たせた「マイナ保険証」の利用促進に向け、薬局などで働く薬剤師や事務職員計約1万人をデジタル推進委員に任命すると発表した。利用者のサポート役として、主に窓口で読み取り機の使い方などの相談に応じたり、利用登録を勧めたりする。

 河野氏は「マイナ保険証を身近に相談できる環境をつくりたい」と述べた。27日に東京都内で任命状授与式を開く予定。

 推進委員は、ボランティアとして、デジタル機器に不慣れな高齢者らに使用方法を教える。今回の任命により、登録者数は5万5千人を超えた。