スキー連盟最優秀選手に渡部暁斗 表彰式で「次こそ三度目の正直」

スキー連盟最優秀選手に渡部暁斗 表彰式で「次こそ三度目の正直」

 全日本スキー連盟が2017〜18年シーズンに活躍した選手らをたたえる表彰式が7日、東京都内で開かれ、最優秀選手賞にノルディック複合のワールドカップで日本勢で2人目の個人総合優勝を果たした平昌冬季五輪銀メダルの渡部暁斗が選ばれた。

 2大会連続で五輪2位の渡部暁は「次の次(の五輪)までのイメージはそんなにできない。22年北京大会が一番大きなチャンスになる。次こそ三度目の正直で金メダルを取れるように準備する」と述べた。

 優秀選手賞には平昌五輪でスノーボード男子ハーフパイプ銀メダルの平野歩夢や、ジャンプ女子銅の高梨沙羅、男子モーグル銅の原大智らが選ばれた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索