サッカー大迫、ブレーメン移籍 2部降格のケルンから

サッカー大迫、ブレーメン移籍 2部降格のケルンから

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグのブレーメンは16日、2部降格が決まったケルンからFW大迫勇也(27)を獲得したと発表した。大迫はブレーメンの公式サイトで「伝統があり、素晴らしいサポーターもいるクラブ。貢献したい」と意気込みを語った。

 日本代表候補の大迫はJ1鹿島から、2014年1月にドイツ2部(当時)の1860ミュンヘンに移籍。自身も出場したワールドカップ(W杯)ブラジル大会後の14年夏からの4シーズンはケルンでプレーした。ドイツ1部通算は108試合に出場して15得点だった。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索