走り高跳び、スノボ金の成田優勝 ジャパンパラ陸上

走り高跳び、スノボ金の成田優勝 ジャパンパラ陸上

 障害者陸上のジャパンパラ大会第1日は7日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で行われ、男子走り高跳び(切断などT44)は、平昌冬季パラリンピックのスノーボードで金メダルを獲得した成田緑夢(近畿医療専門学校)が1メートル75で優勝した。

 男子400メートル、1500メートル(車いすT52)の世界記録保持者、佐藤友祈(WORLD―AC)はそれぞれ57秒30、3分32秒58で2冠を達成。女子400メートル(切断などT47)はリオデジャネイロ大会で銅メダルの辻沙絵(日体大大学院)が59秒58で制した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索