バスケ男子で開志国際が初V 女子は23度目の桜花学園

バスケ男子で開志国際が初V 女子は23度目の桜花学園

 全国高校総体(インターハイ)第7日は7日、愛知県の一宮市総合体育館などで行われ、バスケットボール決勝で、男子は開志国際(新潟)が中部大第一(愛知)に66―55で勝ち、初優勝した。女子は桜花学園(愛知)が岐阜女を70―61で破り、2年ぶり23度目の頂点に立った。

 レスリング男子55キロ級は清岡幸大郎(高知南)、65キロ級は昨年60キロ級覇者の榊流斗(東京・帝京)が優勝。125キロ級は宮本海渡(千葉・日体大柏)が団体戦に続く2冠を達成した。ボクシングはライト級を1年の堤麗斗(千葉・習志野)が制した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索