レスリング協会が伊調選手に謝罪 栄氏からのパワハラ問題で

レスリング協会が伊調選手に謝罪 栄氏からのパワハラ問題で

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手(ALSOK)らが日本協会前強化本部長の栄和人氏から受けたパワーハラスメント問題で、日本協会は10日、伊調選手に対して謝罪したことを明らかにした。関係者によると、今月上旬に福田富昭会長が伊調選手と面会し、パワハラ問題への謝罪と、再発防止に向けた取り組みなどについて説明したという。

 日本協会は福田会長名で声明を出し「アスリートファーストの理念に立ち返り、伊調選手をはじめ全ての選手のサポートに全力でまい進する」とコメントした。

 実戦を離れている伊調選手は、2020年東京五輪を目指して復帰する意向を固めている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索