池江璃花子「大事な大会になる」 21年の世界水泳福岡大会

池江璃花子「大事な大会になる」 21年の世界水泳福岡大会

 2021年に福岡市で開催される水泳の世界選手権の組織委員会が4日発足し、マリンメッセ福岡が主会場で会期は7月16日から17日間などとする大会概要を発表した。会見に臨んだアジア大会6冠の池江璃花子は「大事な大会になると思う。せっかくの母国開催なのでいい色のメダルを取れるように」と抱負を述べた。

 日本開催は01年福岡大会以来20年ぶり2度目。12年ロンドン五輪メダリストで福岡県出身の鈴木聡美は「(01年大会に)刺激をもらった。気合も入る」と決意を語った。16年リオデジャネイロ五輪でメダルを獲得した福岡県出身の坂井聖人は「結果で盛り上げたい」と活躍を誓った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索