世界水泳金メダルで東京五輪へ 競泳の個人種目、日本水連

 日本水連が来年7月の世界選手権(光州=韓国)の競泳個人種目で金メダルを獲得した選手を、2020年東京五輪の代表とする方針を決めたことが26日、分かった。五輪代表選考会となる20年4月の日本選手権で、当該種目に出場することが条件となる。

 メダル有望な選手を本番に向けた準備、調整に専念させることが目的で、12年ロンドン五輪から同様の方式を採用している。11年世界選手権は該当者が出なかったが、15年大会では男子の瀬戸大也(ANA)ら3人が優勝し、16年リオデジャネイロ五輪代表となった。

 関係者によると、25日の臨時常務理事会で、競泳委員会からの提案を承認した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索