熊本のラグビーW杯会場を視察 フランスチーム関係者

熊本のラグビーW杯会場を視察 フランスチーム関係者

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、世界ランキング8位のフランスの代表チーム関係者が5日、会場となる熊本県民総合運動公園の陸上競技場(熊本市)を視察し「素晴らしい施設で試合ができ、うれしい」と印象を語った。

 予選リーグC組のフランスは、この会場でトンガと対戦する。グラウンドの状態やロッカールームの設備を確認した後、報道陣の取材に応じ「天然芝がとてもきれいで、今日はここで寝たいくらいだ」と冗談を交えて称賛。「試合後も熊本に滞在するので、ぜひ県民の皆さんと交流したい」と期待していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索