IH女子、北京を見据え若手起用 男女の日本代表監督が記者会見

IH女子、北京を見据え若手起用 男女の日本代表監督が記者会見

 アイスホッケーの男女の日本代表監督が5日、東京都内で記者会見し、五輪2大会連続出場中の女子を約4年ぶりに率いる飯塚祐司監督は「次の五輪を見据え、若手も我慢強く使っていく」と方針を語った。

 今年2月の平昌冬季五輪で五輪初白星を含む2勝を挙げたが、コーチだった飯塚監督は他チームと比較して得点力不足を痛感。「シュート力に特化して鍛えていく。今は毎日300本のシュート練習を課しており、4年続ければ確実に力はつく」と話した。

 五輪の舞台から遠ざかっている男子の岩本裕司監督は「得点力と展開の速さを磨いていく」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索