日本新HC「革新的ラグビーを」 サンウルブズ指揮するブラウン氏

 2019年シーズンのスーパーラグビーで日本チームのサンウルブズを指揮するトニー・ブラウン新ヘッドコーチ(HC)が5日、東京都内で記者会見し「スピードを生かし、見ていてわくわくするようなスタイルを示したい。革新的なラグビーをしたい」と抱負を述べた。

 18年シーズンを日本代表と兼任で率いたジェイミー・ジョセフHCは、来年のワールドカップ(W杯)に専念するため退任。代表とサンウルブズのコーチで主に攻撃面を指導してきたブラウン氏は「これまで培ったものを継続すればいい結果が表れる」と述べ、代表との連携を重視する考えを示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索