東京五輪で水中スクリーン採用 お台場、大腸菌の流入抑制を確認

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は5日、トライアスロンなどの競技会場となるお台場海浜公園で7〜8月に行った水質改善の実証実験で、3重に設けたポリエステル製の水中スクリーンに大腸菌などの流入を抑制する効果が確認できたとして、大会本番では同様の方式を軸に採用する方針を明らかにした。囲われた内側の水域は、調査した22日間で国際競技連盟(IF)が定める基準値を常に下回った。

 一方、スクリーン内は水が滞留するため、水温がたびたびIFの基準を超えた。組織委と都は一時的な開閉や、水をかき混ぜるなどして水温を下げる方策を検討する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索