韓国の視覚障害選手が運転免許証 アジアパラのメダリスト含む4人

 【ソウル共同】ジャカルタ・アジアパラ大会のメダリストを含む韓国の視覚障害者の柔道選手4人が運転免許証を所持している事実が11日に発覚し、選手の資格認定への疑惑が浮上している。障害者スポーツを管轄する韓国文化体育観光省は、選手の帰国後に再度、視力検査を実施する方針を示した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 韓国では運転免許証の取得には眼鏡やコンタクトレンズを使用した状態で両目で視力0.5以上が必要で、選手の一人は視力検査で1.5、別の選手が1.0で免許証を取得していた。再検査で視力が基準に満たない場合、免許証の取り消しなどの措置を検討する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索