プロ野球志望届の提出締め切り 根尾や吉田ら233人届け出

 日本高野連と全日本大学野球連盟は11日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で233人(高校123人、大学110人)が届け出た。25日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 センスあふれる野手が並ぶ高校生は、大阪桐蔭の根尾昂が複数球団の1位指名が確実視される。

 双璧をなすのは、金足農(秋田)を今夏の甲子園大会準優勝に導いた吉田輝星。最速152キロの直球は浮き上がるような独特の球質で、1位競合の可能性は高い。

 大学生は東洋大の150キロトリオに注目が集まる。甲斐野央、上茶谷大河、梅津晃大が上位指名候補だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索