横綱白鵬が秋巡業離脱、右膝痛 骨折か、帰京し精密検査へ

横綱白鵬が秋巡業離脱、右膝痛 骨折か、帰京し精密検査へ

 大相撲の横綱白鵬が12日、秋巡業を離脱したことが明らかになった。所属する宮城野部屋関係者によると右膝痛のためで、巡業地の三重県四日市市から東京に戻り精密検査を受ける見込み。

 白鵬は7月の名古屋場所で右膝を負傷し、途中休場していた。自身の公式ツイッターに「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。骨折でした。東京でリハビリ治療頑張ります」などと記した。

 9月の秋場所は前人未到の幕内千勝を達成し、自身の最多記録を更新する41度目の優勝を15戦全勝で果たした。故障からの復調ぶりを示したが、九州場所(11月11日初日)に向けて、不安を抱える状況となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索