ラグビーW杯認知度68% 19年日本大会、過去最高

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は12日、9月28日〜10月1日に行った調査で大会認知度の全国平均が68.3%だったと発表した。前回調査した昨年12月の56.3%からは12ポイント上昇し、15年9月に開始以降過去最高となった。

 20〜69歳を対象にインターネットで調査し、5万4855サンプルを得た。試合会場がある12都道府県の平均は約71%。組織委の嶋津昭事務総長は「大会への関心、期待が急速に高まってきていることを実感している。期待を熱気に変えていけるよう、一丸となって取り組む」とコメントした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索