トライアスロン高橋と北條が初V 日本選手権

トライアスロン高橋と北條が初V 日本選手権

 トライアスロンの日本選手権は14日、東京都お台場海浜公園周辺で行われ、女子は今夏のジャカルタ・アジア大会を制した高橋侑子(富士通)が1時間59分50秒で初優勝した。2年連続3度目の優勝を目指した佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が22秒差の2位。

 男子は北條巧(日体大)が1時間46分37秒で初の日本一に輝き、アジア大会王者の古谷純平(三井住友海上)は21秒差で2位だった。

 2020年東京五輪はお台場が会場となり、今大会とは異なるコースで争われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索