卓球混合団体の日本は銀 体操北園は今大会「5冠」

卓球混合団体の日本は銀 体操北園は今大会「5冠」

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第10日は15日、ブエノスアイレスで行われ、卓球の混合団体で張本智和と平野美宇が組む日本は決勝で王楚欽、孫穎莎の中国に1―2で競り負け、銀メダルだった。シングルスで平野が敗れ、張本が勝利したが、続くダブルスで屈した。

 体操は男子種目別の平行棒と鉄棒で15歳の北園丈琉がそれぞれ優勝し、今大会5冠を達成した。

 陸上の男子100メートルでは池田成諒、同走り幅跳びは和田晃輝がともに銅メダルを獲得した。

 フットサル女子の日本は準決勝でスペインを3―2で破り、ポルトガルとの決勝に進出した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索