J1、外国選手枠5人でまとまる Jリーグ実行委

 Jリーグは16日、東京都内で実行委員会を開き、来季からの拡大を検討する外国籍選手枠について、J1は現行の原則3人から5人が出場できるように増やす案でまとまった。日本サッカー協会、選手会などと調整し、早ければ25日の理事会で承認する。

 有力な外国籍選手が増えることで、競争力や魅力の向上を目指す施策。日本選手の出場機会が減ることなどへの懸念もあり、地元選手の登録を義務づける「ホームグロウン制度」も併せて検討しているが、細部については継続審議となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索