ブリヂストンがパラ協賛 IPCの最高位パートナー

 ブリヂストンは18日、国際パラリンピック委員会(IPC)の最高位スポンサー「ワールドワイドパートナー」の契約を結んだと発表した。期間は2024年まで。日本企業ではパナソニック、トヨタ自動車に続き3社目で、計7社となる。ブリヂストンは既に国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーになっている。

 期間中はパラリンピックのシンボルマークを使って世界的な広告活動を行うことができる。契約カテゴリーはタイヤ、自転車、免震ゴム、建築資材など。同社はパラトライアスロンで使う義足用のゴムソールの開発なども推進している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索